小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2015.08.29更新

あtiger猫の甲状腺ホルモン亢進症


  ホルモンの語源はギリシャ語の『hormaein』で、『呼び覚ます、刺激する』という意味があります。ホルモンは動物が生きていくためには大切な物質で分泌量が変化すると病気の原因になり注意が必要です。

 今回は猫の甲状腺ホルモン亢進症のお話です。甲状腺はのどぼとけの下あたりにある器官です。甲状腺ホルモンはそこから分泌され、体を元気にするホルモンで、新陳代謝を活発にして、交感神経や心臓の活動を高め脈拍を調節します。甲状腺ホルモンが過剰になると、新陳代謝が異常に活発になり、体内が常に運動しているような状態になります。
  
  猫の甲状腺ホルモン亢進症1980年代からアメリカで診られはじめました。
時は猫のキャツトフードが一般化した時代なので、それらが原因という説もありましたが、正式には原因はよくわかっていません。

  ヒトでは甲状腺ホルモン亢進症はバセドウ病が多く20-40代の女子に発生する疾患です。免疫の働きに異常がおこり、自分の体を異物とみなして、攻撃する自己免疫疾患のひとつでおきます。同じ甲状腺機能亢進症でも猫とは発生機序は大きく異なります。

 猫の甲状腺ホルモン亢進症は10歳以上に多い病気です。食べていても体重減少が診られ、高血圧、動悸、息切れ、疲れ易い、眼球の吐出がありますが、最近は無症状の症例も診られます。心拍数が上昇して不整脈の原因になり希に突然死もおきます。そのため早期の発見、治療が必要な疾患です。食欲亢進、元気がベースになっているため動物病院には来院しにくいため、罹患率は教科書で記載されていより多いと予想されています。

あ

 この猫は13歳で、よく食べるにもかかわらず、少し前まで4kgあった体重が2.6kgになったので来院しました。身体検査では頻拍、軽度の血圧上昇がありました。スクリーニングの血液検査は軽度の貧血、また生化学検査では肝臓酵素の軽度の上昇が診られたため甲状腺ホルモン(サイロキシン)を直接測定をしまました。なお腎臓機能は検査からみる限り正常でした。

あ

 甲状腺ホルモン(サイロキシン)T4、FT4を測定したとこる高値を示し、臨床症状と合わせて甲状腺ホルモン亢進症と診断しました。---------------------------------------------------------------------
 治療は抗甲状腺薬の投与をおこないました。甲状腺ホルモンが作られるのを抑える薬剤です。当院では最初は少ない量から投与しています。この猫も薬用量の半分で始めました。

 2週間後には正常の下限までに減少しました。体重も2.9kgにアップし、血圧も正常になりました。しかし腎臓機能が多少上昇してきたので、現在投与量をさらに減少して経過観察中です。

あ


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.08.25更新

achickヨーグルトを誤食したと推察されるセキセイインコ


a

a

 本日から急にそ嚢から白いものを吐くことを主訴に5才雄のセキセイインコが来院しました。便が白い場合は膵臓の外分泌不全もありますが、生理的に吐物が白いことは考えられません。

オーナーによく問診したことろ、このセキセイインコは飛ばしたまま飼育されていてそうで、この日開け放しのヨーグルトを飲んでいたそうです。

また白い吐物を脂肪染色すると、陽性にそまりました。

以上の理由よりヨーグルトを誤食したと推察しました。

そ嚢を洗浄して、整腸剤を処方して経過をみました。

その後は来院はないので、予後は不明です。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 

 

 

 

 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.08.24更新

あdogボタンを誤飲したトイプードル


あボタンを誤飲した稟告でみえた1歳の雄のトイプードルです。

あ

あ
レントゲンでは異物のボタンは発見されません。白ものはマイクロチップです。

あ
催吐剤の投与でボタンは排出されました。
このような症例は誤飲を繰り替えますのでオーナーは特に注意が必要です。
また催吐剤で排出できない場合もあります。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 

 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.08.18更新

あchick扇風機に足を挟んだ文鳥


あ

あ

後肢が内出血で来院しました。どのような状況で扇風機に挟まれたか想像できませんが、鳥類はこのような状態になると内出血がとまりません。最初2-3日、良好になっていても、4-5日後に死亡するケースはときどきあります。

この症例はその後連絡なく、抗生剤、止血剤の投与で、回復したと推察されますが、お盆など休みの日は鳥類を外であそばしているときは注意が必要です。


calendarright arrow当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 

 
 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.08.18更新

あdog鼠径輪の陰睾のトイプードル


 5歳の鼠径輪の陰睾のトイプードルの手術以来がありました。鼠径輪の陰睾ですが、ほっておくと癌化はしやすくなります。獣医師の立場からは、早い時期での摘出を薦めます。

あ黒 本来の精巣の位置
赤 本症例の精巣の位置

あ手術中の様子

あ摘出した精巣、正常にくらべて小さいです。

あ手術終了の様子

----------------------------------------------------------------------

a

あ

別の症例ですが、鼠径輪の陰睾を13年、手術しないでいた症例です。黒い囲いが腫瘍部分です。
これだけ大きいと悪性の可能性も十分に考えられます.

そのため早期の手術をお勧めしています。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療

dogright arrow犬猫の注射による「避妊」について
dogright arrow犬のバベシア症
dogright arrow犬の去勢手術(雄)


【break time】
 
flower2

 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.08.18更新

achickセキセイインコの血便、メガバクテリウム感染が疑われたケース


あ

あ


 購入したばかりのセキセイインコが血便を主訴に来院しました。
血便には中毒、重傷な肝臓疾患など大変な疾患もありますが、来院したセキセイインコは元気でした。

あ
検便では多くの赤血球が診られました。

あ
また別の箇所ではメガバクテリウムが診られまいた。

 

 そこでメガバクテリウムの駆除のため3日間、通院を指示しました。3日間で血便もなく、メガバクテリウムもいなくなりました。その後、オーナーと協議の結果、予防目的で週1回、合計4回の治療にもかよってもらいました。1ヶ月後 血便もなく、メガバクテリウムも陰性です。

 鳥類の血便を呈した場合はさまざま疾患がありますので、よく担当獣医師と相談して治療をしていってください。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療

dogright arrow犬猫の注射による「避妊」について
dogright arrow犬のバベシア症
dogright arrow犬の去勢手術(雄)


【break time】
 
flower2

 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索